スキンケア

ヴィオテラスCセラムの副作用や成分を調査!肌荒れや赤みは?敏感肌は使えるの?

ヴィオテラスCセラムはビタミンC高配合の美容液のようですが、ビタミン系の化粧品は成分が強く肌荒れや赤みが出るって聞いたことがあるのですが・・・。

ヴィオテラスCセラムは副作用なしに敏感肌や肌が荒れていてもでも使えるのでしょうか?

そこで、ヴィオテラスCセラムの副作用の疑問を徹底的に調査したのでぜひご覧ください。

 

初回62%OFF

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

回数縛りなしで申し込む

♪シミしわゼロで若見え♪

 

ヴィオテラスCセラムの副作用

ヴィオテラスCセラムの副作用を徹底的に調査しました。

ヴィオテラスCセラムの副作用や肌に悪影響が出ないのかを知るためにまずは成分について調べてみました。

成分:ビタミンC誘導体

ヴィオテラスCセラムは、もともとビタミンCが持っているメラニンの生成を抑制し分解しする作用、活性酸素の除去、ニキビの色素沈着の防止、コラーゲン生成作用のほかに抗老化型のAmitose3GAと速攻浸透型のAPPS(アプレシエ/パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)を配合。

今までの水溶性ビタミンC誘導体の100倍以上もの浸透力を誇るため隅々まで速やかに浸透してくれますが、その特性から低刺激ともなっています。

そして、メラニンの生成を抑制しシミ予防やシミ改善、しわ抑制、抗炎症、高保湿、ターンオーバーの正常化、美白、高いアンチエイジング効果も期待出来ます

長期間使用することによるしわやハリの改善なども期待できる成分です。

副作用は特に報告が見当たりませんでした。

従来型のビタミンCは敏感肌の方には刺激が強いとされていましたが、速攻浸透性方ビタミンCのAPPSは低濃度でも効果を発揮しほぼ刺激はゼロとなっています。

なので、美容業界などからも注目されている成分です。

成分:コエンザイムQ10

ビタミンCとの相乗効果で抗酸化力が約30倍にアップするためシミ、毛穴、くすみ、シワ、肌荒れ、たるみにもしっかりアプローチが期待できます。

コエンザイムQ10の使用に関連した副作用は報告されていません。

成分:7つの添加物はフリー

ヴィオテラスCセラムは肌に負担がかかるといわれている7つの添加物フリーです。

  • 合成香料
  • 着色剤
  • 鉱物油
  • パラベン
  • アルコール
  • 旧表示指定成分
  • 石油系界面活性剤

副作用ほぼなしで敏感な肌でも安心して使えるように作られています。

全成分

水、エトキシジグリコール、DPG、3-グリセリルアスコルビン酸、グリセリン、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、ユビキノン、グレープフルーツ果川油、エチルヘキシルグリセリン、PEG-60水添ヒマシ油、水酸化K

ヴィオテラスCセラムの公式サイトから引用

ヴィオテラスCセラムの副作用Q&A

ヴィオテラスCセラムの副作用について疑問を解決できるよう質問集を作りました。

副作用:アレルギー持ちは使えるの?

敏感肌の度合いや肌質などが個別に関係してくるためすべての方にアレルギーが起こらないとは言い切れません。

しかし、敏感肌の方を対象にしたアレルギーテストをクリアしましたので問題なく使えるようにはなっています。

美容液なので使う方の肌質や生活習慣などにより個人差が出てきます。

必要であれば購入前に医師や薬剤師に相談するか入念にパッチテストを重ねてから使いましょう。

副作用:敏感肌でも肌荒れしたり赤みは出ない?

ほぼ刺激なしと言われる速攻浸透性ビタミンCを使用しております。

また、肌に負担のかかる添加物は極力排除しています。

なので、敏感肌の方などでも赤み、かゆみ、肌荒れなどほぼ副作用はないようです。

副作用:ニキビできるって本当ですか?

現在のところ、ヴィオテラスCセラムを使ってニキビができる成分は配合されていないようです。

むしろ、活性酸素を除去し若々しい肌に導くビタミンCや抗酸化作用を持ったコエンザイムQ10の作用によりニキビの炎症、ニキビ跡のシミケアに期待ができます。

ヴィオテラスCセラムの副作用まとめ

ヴィオテラスCセラムの副作用を調べたのですがいかがでしたでしょうか?

ヴィオテラスCセラムの副作用は普通に使っていればほぼ問題ないといえますので気になっている方は一度試してみてはいかがでしょうか?

 

初回62%OFF

↓ ↓ ↓

↑ ↑ ↑

回数縛りなしで申し込む

♪シミしわゼロで若見え♪